AIソリューションで
人に、社会に、
「輝ける未来」を

AIソリューションで人に、社会に、「輝ける未来」を

サービス

  • Forecasting Experience
    人や組織に蓄積した様々なビジネス経験をデータ化し、AI・機械学習で未来を予測するプラットフォームです。企業や担当者が持つノウハウを数値化し、Forecasting Experienceで誰でも同じクオリティで未来を予測することができます。
    アナログ的に培ってきた人の経験や勘をAIで自動化し、広く共有できるツールです。AIの学習用にはExcelファイルを利用、圧倒的な高速処理で予測モデルを作成します。高性能のAI予測をリーズナブルにご利用いただき、企業のDX化に貢献します。more
  • MUSU-Bee
    企業の資産である膨大なデータから、最適な検索を行うAIマッチングエンジンです。
    Idrasysが独自に開発したアルゴリズムで、ユーザーが希望する検索条件とデータベース上に存在する情報をパラメータ化して仮想空間に存在させ、検索条件を【空間の距離の近さ】から導き出すという、高精度の検索を実現します。
    検索対象にはWord/Excel/PowerPoint/PDF(テキスト形式)をはじめ、メール履歴やインターネット情報、SNSなどあらゆるテキストデータに対応し、ユーザーの知りたい情報に導きます。
  • AIソリューション
    お客様のさまざまなニーズに合わせ、IdrasysのSIerネットワークから最適かつ優れたAIソリューションをご提案いたします。
    【チャットボット】【音声知識処理】【メンタルチェック】【サイトクローリング】など、企業課題を解決に導くソリューションをご提案し、実運用までの導入をご支援いたします。
    DX推進を担うご担当者様、業務効率化にお悩みの方や次世代のシステム導入を検討されているお客様など、貴社の課題をぜひお聞かせください。

お知らせ

トップメッセージ

Idrasysが提供するすべてのAIソリューションは、新たな視点やこれまでにないビジネス体験、そして新しい価値を創造します。

Idrasysの代表的なサービスであるAI予測エンジン「Forecasting Experience」は、既存データを通じて現場で働く人のポテンシャルを引き出し、革新的な未来をお届けします。
もうひとつの自社サービス・AIマッチングエンジン「MUSU-Bee」は、企業独自のデータを最大限に価値化し、新たな発見を後押しします。

どれほど卓越した技術も、最先端のAIアルゴリズムも、それは手段でしかありません。
お客様それぞれが抱える課題を解決し、ビジネスを成功へと導いていくこと。いつの時代も目的を果たす原動力は『人の力』です。だからこそ私たちは、その力を最大限に引き出すために『人』を中心に据えたAIソリューションにこだわり続けます。

AIが成長するテクノロジーであるように、私たちも終わりなき成長を遂げられる存在でありたい。Idrasysは、すべての「輝かしい未来」に寄り添い、その実現を支えていきます。

株式会社Idrasys代表取締役社長 田村 智宏

会社概要

Idrasysは、働き方改革と深刻な人手不足という社会課題に対し、「ヒト×AI」をテーマに
人々のクリエイティビティを最大限に活かすAIソリューションを提供しています。

  • 社名
    株式会社Idrasys
  • 所在地
    〒105-0004 
    東京都港区新橋四丁目1番1号 新虎通りCORE
  • 設立年月日
    2018年1月
  • 資本金(準備金含む)
    1億1654万2千円
  • 代表者代表取締役社長
    田村 智宏
  • 主要株主
    株式会社クリーク・アンド・リバー社、
    インツミット株式会社
  • 事業内容
    AIサービス事業・クラウドサービス事業

都営地下鉄三田線 内幸町駅 A1出口 徒歩5分
JR山手線・東京メトロ銀座線 他
 新橋駅 烏森口出口 徒歩6分
東京都港区新橋四丁目1番1号 新虎通りCORE
C&Rグループ総合受付4Fまでお越しください。

お問い合わせ・資料請求

AIに関することであればお気軽に
ご相談ください。

Idrasysでは、自社ソリューションを中心に様々なAIソリューションの提供をしております。
以下のフォームからお気軽にお問い合わせください。

  • 種別
  • 御社名
  • ご担当者様名
  • 部署名
  • 役職名
  • お電話番号
  • メールアドレス
  • お問い合わせ内容
個人情報保護方針
当社では、取り扱う個人情報および関連資産を過失、事故、災害、犯罪などの脅威から守り、クライアント、社会に対する継続的、かつ安定的なサービスの提供を確保するため、個人情報保護方針を策定し、適切な個人情報保護対策を実施し推進してまいります。
1.体制の整備
個人情報保護の重要性について、社員に対する社内教育を実施し、個人情報保護の管理責任者を置き、適切な管理体制を確立してまいります。
2.個人情報の収集、利用及び提供等に関する方針
個人情報保護を適切に行うため、明示した利用目的の範囲内でのみ個人情報の取得、利用、提供及び委託などを行うとともに、個人情報を取得、提供をする場合には、事前に本人の同意をとることといたします。また、目的外利用を行なわないために、適切な管理措置を講じます。
3.個人情報の開示、訂正についての対応
当社が直接取得した個人情報について、本人から確認、訂正、苦情及び相談などの申し出があった場合には、誠意をもって迅速に対応いたします。
4.安全保護対策
取得した個人情報は、不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏洩などの予防ならびに是正に努め、厳正な管理の下で安全に蓄積、保管いたします。
5.法令遵守
個人情報保護の法令、国が定める指針及びその他の規範を遵守いたします。
6.継続的改善
個人情報保護体制の維持・改善のために個人情報保護マネジメントシステムの継続的改善に努めてまいります。
個人情報の取扱いについて
当社個人情報保護方針に基づき、ご本人からお預りする個人情報の取扱いについて、以下のように規定します。
1.適法かつ適切な取得
個人情報の取得は、当社が行う事業の範囲内で利用目的をできる限り明確に定め、適法かつ公正な手段によって行います。
2.ご本人の同意
個人情報を取得する際、明示的なご本人の同意を得ることとします。また、ご本人が12歳未満等の場合は、親権者(法定代理人を含む)の同意をも得ることとします。
3.個人情報に関する権利
当社が取得した個人情報が保有個人データに該当する場合、当社の名称、個人情報保護管理者の氏名、利用目的、苦情申し出先、開示等の求め(以下「開示等の求め」といいます。)に応じる手続等を公表し、ご本人の知り得る状態とします。
4.利用目的の変更
取得した後、利用目的を変更する場合、下記のいずれかに該当する場合を除き、事前にその目的を通知し、ご本人の同意を得ることとします。
  • 1.法令に基づく場合
  • 2.人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
  • 3.公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
  • 4.国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることによって当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
5.個人情報の任意性
当社に個人情報を提供いただくことは任意です。
ただし、当社が求める個人情報の全部または一部が不足している場合、情報に誤りがある場合は、当社が提供するサービスをご利用になれないことがあります。
6.個人情報の利用目的
ご本人から取得した個人情報について、下記各項に記載の利用目的の達成に必要な範囲内で利用します。
  • 1.当社が提供するサービスにおける営業活動促進のため
  • 2.当社が提供するサービスにおけるメールマガジン配信のため
  • 3.お客様のご意見を伺う等、商品・サービスの改善または新たな商品・サービスの企画開発のため
  • 4.お客様の利用状況や満足度調査等、商品開発・サービスの向上に係る調査、問題解決、ヒアリング及び集計・統計・分析実施のため
  • 5.訪問、ダイレクトメール・パンフレット等の発送、各種セミナー・イベント等のご案内、電話・電子メールによる勧誘・サービス・情報提供等を伴う営業活動のため
7.第三者への提供
個人情報は、以下のいずれかに該当する場合を除き、いかなる第三者にも開示及び提供はしません。
  • 1.ご本人の同意がある場合
  • 2.個人を識別することができない状態で提供する場合
  • 3.業務を円滑に進める等の理由で外部業者に取り扱いを委託する場合
  • 4.法令等の定めにより提供を要求された場合
  • 5.人の生命、身体または財産の保護のために必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難な場合
  • 6.公衆衛生の向上または児童の健全な育成の促進のために特に必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることが困難な場合
  • 7.国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、ご本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼす恐れのある場合
  • 8.本取扱い第9項(個人情報のグループ内における共同利用)に掲げる関係会社、関係団体等と共同利用する場合
8.委託先への提供
当社では、下記の当社関係会社及び関係団体との間で利用目的の達成に必要な範囲内で個人情報を共同利用することがあります。
  • 1.共同して利用する個人情報の項目:本取扱い第6項(個人情報の利用目的)に記載の利用目的の達成のために取得する氏名や住所等の個人情報
  • 2.共同して利用する者の範囲:当社の親会社及び関連会社(海外法人を含む※)
  • 3.利用する者の利用目的:本取扱い第6項(個人情報の利用目的)に記載の利用目的
  • 4.個人情報の管理責任を有する者:株式会社Idrasys
    住所 〒105-0004 東京都港区新橋四丁目1番1号新虎通りCORE
9.個人情報の適正な管理
お預かりした個人情報は、必要な範囲内で正確かつ最新の状態で保管します。また、外部からの不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざんおよび漏洩等、個人情報に関するリスクについて、合理的な安全対策を講じております。
10.個人情報の取扱管理者
株式会社Idrasys
11.Cookie(クッキー)及びSSLの利用の有無
当社のWeb サイトでは、以下に記載の目的においてCookieを利用することがあります。Cookieとは、Webサーバがお客様のブラウザに送信する小さな情報で、お客様のPCディスクにファイルとして格納されるものです。なお、Cookieにはお客様個人が判明する様な情報等は含まれておりませんので、ご安心ください。
  • 1.お客様によりご満足をいただけるようなコンテンツの改善、個々のお客様に合わせてカスタマイズされたサービス提供をするため
  • 2.お客様がどのようなサービスにご興味をお持ちなのかについての分析や、サイト上での効果的な広告の配信のために利用するため
当社のWebサイトでは、お客様の個人情報を保護するためにSSLに対応しています。セキュリティ機能に対応したブラウザを使用することにより、お客様が入力される個人情報が自動的に暗号化されて送受信されます。なお、SSLに対応していないブラウザをご利用の場合には、当社のWebサイトにアクセスできない場合があります。
12.「開示等の求め」に応じる手続き
当社の保有する個人情報に対しての「開示等の求め」に、当社所定の方法によりご本人からの要請であることを確認し、迅速に対応します。ただし、開示に関しては当社が別途定める開示手数料をお支払いいただく場合があります。また、下記のいずれかに該当する場合は、開示等の求めに応じることができない場合があります。この場合、ご本人に遅滞なくその旨を、理由の説明とともに通知します。
  • 1.ご本人または第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
  • 2.当社業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
  • 3.法令に違反することとなる場合

株式会社Idrasys
代表取締役社長 田村 智宏